スクール育成について

協会では、「一家に一人のセラピスト」育成を行う際に、協会が提供するスクール内容の技術を規定に基づき登録会員の独立支援活動費として一般会員及び試験官会員の個人収益にしています。

協会は入会料、年間費、認定料などを主とし運営されていますが、技術やスクール育成に関する規定のスクール料金は収益としていない為、会員は自分が取得した認定内容のスクール講師を行うことが出来ます。会員がスクール料金を全額収益として受取ることが出来ることで、自立支援となり社会の中で国民が健康であり豊かな生活を営み活動しやすい最大のメリットとなります。

誰もが夢や希望、生き生き輝く人生の歩みには沢山の可能性が秘めています。

「肌と肌のふれ合いと喜びの輪を広げるために一家に一人のセラピスト」を目指して、輝ける人生のサポートが出来れば嬉しく思います。